マイペース革命

【ブロガー向け】アクセス数10倍が狙える!?Google砲の下準備をしよう!

はじめに

皆さん「Google砲」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?これは、ユーザにオススメの記事を紹介する Google Discover  というサービスに記事が掲載されることで、アクセス数が短時間で急増する現象の俗称です。Google砲の対象になることで、アクセス数が通常の10倍以上獲得できるとも言われています。

Google Discover について詳しく知りたい方は、まずはこちらの公式ヘルプをご覧ください。
https://support.google.com/webmasters/answer/9046777?hl=ja

 

本記事では、Google砲対策をするにあたり、結果的に「ブログの読み込み時間を最大85%カット」という副次的な効果を得ることもできたので、その方法をまとめていきます。

Google砲 発生の最低条件

Google砲が発生する(= Google Discover に掲載される)最低条件は、以下の2つです。

  1. 記事がインデックスされていること
  2. Google ニュースのコンテンツポリシーを満たしていること

1. 記事がインデックスされていること

Google Search Console を使う方法

Google Search Console が設定済みであれば、そちらを確認するのが一番正確です。以下の手順で確認をしてみましょう。

すると、インデックスされているURLの数を確認できます。

具体的なURL一覧を確認したい場合は、「詳細」の各項目を選択することで一覧画面を表示できます。

 

この方法なら、エラーが原因でインデックスされないURLがあった場合に気付くことができます。このチェックはSEO対策も兼ねることができるため、必ず確認をする様にしましょう。

Google Search Console を使わない方法

手軽に確認をするならば 「site: <対象サイトURL>」 で Google検索を行うことでも確認できます。

検索結果として、インデックスされ画面が一覧表示されます。

2. Google ニュースのコンテンツポリシーを満たしていること

詳細は公式のGoogleニュース コンテンツポリシーをご覧頂くとして、端的にいうならば、以下の条件を満たす必要があります。

この辺りは質の高いコンテンツを常日頃意識していれば、改めて意識することではないかと思います。

更に意識が必要なこと

以上で Google Discover の掲載の最低条件は満たしますが、よりコンテンツの質を高めるために以下のことが意識できると尚よいです。

AMP化対応をして、表示画像サイズを大きくする

Google Discover の一覧画面において、幅1200px以上の大きな画像が表示されると以下の効果が得られるデータが出ています。

それだけ、大きなサムネイルは注意を引きつける効果があるということですね。ただし、そのままでは大きな画像を表示させることはできず、AMP化対応がそのための方法の1つとして知られています。

このAMP化については、別の機会にて別記事でご紹介しようと思います。AMP化対応により ページ「読み込み時間を最大85%カット」という脅威の改善に繋がるため、是非別記事をご期待ください。

E-A-T を意識する

E-A-T とは、Google が定義している検索品質ガイドラインにて定義されている評価基準の1つです。それぞれ、

の頭文字を指しています。この中で、特に重要なのが 「専門性」と言われています。

 

特化サイトであれば、「1テーマに関するコンテンツが充実したサイト」としてクローラ認識されやすくなります。

逆に、雑記サイトの場合は、「サイト単位」ではなく「カテゴリ単位」で専門性を高めることで、クローラに専門性を明示することができます。また、同カテゴリ内の近いテーマの記事に対して内部リンクを貼ることも有効です。

確実に表示する方法もある

確実に表示をしたい場合、広告として出航することも可能です。ここで具体的な手順は記載しませんが、方法の1つとして頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

おわりに

色々と調べていく中で、SEO対策同様まずは「質の高いコンテンツを量産する」ことが何よりも重要であると実感しています。「専門性」も意識して、継続していこうと思います。

参考サイト

本記事は、以下のサイト様の情報を参考に記述しています。

Exit mobile version